日本だいたい最西端の離島 #西表島へ #島旅島宿ゴーゴー!

   

201503/09

  
スポンサード リンク

201502_iriomote02.jpg

竹富町が企画したブロガーツアーに招待いただき、3月頭に西表島に弾丸一泊旅行してきました。

沖縄本島より遥か南の八重山諸島は、石垣市+与那国町+竹富町(その他の小さな離島群)。一市二町からなる島々で、八重山旅行者の数は、新石垣空港ができてLCCの就航等で2013年から跳ね上がったけれど、宿泊客の伸びは石垣一市がほぼ独占。でも離島の滞在も素晴らしいのです。島旅のよさは、島宿のよさ。だからホテルにはない魅力を探して、見つけるのが今回のツアーの趣旨です。
ツアーと言いつつ、交通手段と宿だけ手配してもらう完全な自由旅行です。
沖縄は1回しか行ったことなかったし、石垣島含む八重山諸島は初めて!
前日深酒で朝早くの出発でしたが、とっても楽しんできましたよ。

そんなわけで、ちょっとテンション高めに旅レポートをお届けします!

20150228-DSC09837.jpg

はいさーい!やってきました。離島に行くにも石垣島が玄関となります。新しく出来た新石垣空港に降り立ちます。熱帯魚の水槽があって、冬の東京から一気に南国に来た感じでテンション高まる!

20150228-DSC09840.jpg
空港には我が社が手がけたUSIO DESIGN PROJECTのリデザイン商品が売られているぅ!

20150228-DSC09841.jpg
外に出て、離島に向かうフェリーがでる離島ターミナル付近までタクシーで20分から25分、値段は2500円から3000円くらい、バスで40分から45分くらいの、値段は500円くらいです。

20150228-DSC09846.jpg
離島ターミナルそばには、ユーグレナショッピングモールがあって大変に栄えています。
フェリーが出る時間までの時間つぶしは足りないくらい、店や食べるところがありますね!

20150228-DSC09847.jpg
目についたお店に入って八重山ソーキそばを頂きます。おいしー!
きっとこの辺ならどこでそば食べても美味しいんじゃないかと思う。(ここでしか食べてないので知らないけど)

20150228-DSC09856.jpg
そして教えてもらった石垣島冷菓(石垣市大川305、営業時間 10:00~18:30 日曜休)も歩いて行けます。

20150228-DSC09851.jpg
氷ぜんざいにきなこトッピング。ふわふわの氷の中に小豆や白玉や黒糖シロップが隠れているのでよく混ぜて食べましょう。美味しかったー。これでたしか260円くらい。

20150228-DSC09857.jpg
さてさて、西表島に行くフェリーが出るまでのわずかな時間を楽しく過ごし、離島ターミナルへ。

20150228-DSC09858.jpg
石垣島から西表島まで40分ほど。結構近いのですね。フェリー往復3290円です。
ただし船は小型でかなり揺れるので、酔いやすい人は酔い止め飲んでおいたほうが良さそう。
私は飲んでおいて本当に良かった。

20150228-DSC09859.jpg
西表島はちょっと小雨。まずは予約していたやまねこレンタカーで車を借りました。ネット予約も可能、予約しておけばフェリーターミナルまで迎えに来てくれます。

20150228-DSC09905.jpg
借りたのは至って普通の軽自動車、1日6000円でした。
3年前に免許とってペーパードライバー化が進む私でも、余裕で運転できる西表島。信号も無ければ車通りもほとんどないからね!

20150228-DSC09899.jpg
島はだいたいこんな風景が続く。何にもない!自然しかない!
でも道路はちゃんと整備されていてこんな離島でも車で快適に移動できるという、公共事業のありがたさを実感しましたとさ。

そしてこの日のお宿、農家民宿マナさんに到着。

農家民宿マナのレポートはこちらに感動の意を沿えたレポートを公開しています。

URAMAYU

20150228-DSC09908.jpg
とりあえず、西表島観光の定番、水牛に乗って由布島に行ってきました。

20150228-DSC09910.jpg
私達を由布島に連れて行ってくれる水牛の名は優作。
牛の気分次第で10分で着くこともあれば、20分かかって到着しないこともあるそうです。なので間をとって、由布島までだいたい15分くらい。


由布島の水牛はだいたいこんな感じだよ、の動画。

20150228-DSC09913.jpg

RoadMovieで音楽入れてつくっちゃったけど、由布島に着くまで三線弾いてくれて、とっても風情がありました。

20150228-DSC09923.jpg
由布島は、辺鄙な場所のわりにはなかなか観光地化されていて(言い方悪くてごめんなさいw)、

20150228-DSC09918.jpg

20150228-DSC09915.jpg
ガイドが途中まで島内を案内してくれます。水牛の家系図とか説明してくれた。

20150228-DSC09917.jpg
西表独特の生態系のジャングルが綺麗に整備してあって、植物が好きな人ならよりいっそう楽しめると思います。

20150228-DSC09920.jpg
変なピンクの花や、

20150228-DSC09924.jpg
小さな変わったオレンジの花、

20150228-DSC09930.jpg
変わった突起物がついてる木とか。
さっきから植物に対する表現力がなくてすいません。

201502_iriomote02.jpg
そして、この水もしたたる輝く緑の葉っぱのHDR写真が撮れて嬉しい。
こういう感じの、部屋に飾っても良さそうな、建造物や風景物じゃない、柄っぽいアートっぽいHDR写真を撮っていきたいな。

201502_iriomote01.jpg
そして南風見田浜にも寄ってみました。

20150228-DSC09953.jpg
良い岩があって、登ってみる。少し晴れ間も見えて、α7の16mmの広角で撮っているので、なんだか雰囲気ある写真になりました。まるで世界平和でも祈っていそうである。

20150301-DSC09994.jpg
そして翌日は農家民宿マナのご好意でカヌーをお借りし、仲間川を探索。
お天気は相変わらずの小雨でちょっと暗くて残念。

20150301-DSC09991.jpg

20150301-DSC09989.jpg

でもマングローブ林の中をのんびりカヌーで漕ぎながら探索するの、気持ちいい〜!

20150301-DSC09999.jpg
川べりにちょっと降り立つと、不思議な貝やら、蟹やら、ハゼやらがいる。


20150301-DSC00008.jpg
星砂の浜にも行ってみる。

前にroomieで西表島の星砂の浜について記事を書いてて、いつか行ってみたいと思っていたんだけど、荒天でそんなロマンティックなことしてる余裕なかった。

22

20150301-DSC00010.jpg

天気が良ければ青い空!青い海!星砂!みたいな最高の景色なのだろうなあ。

西表島のドライブムービーをRoadMovieで簡単につくっています。

ヤギそば食べた後に道端のコヤギと戯れているのがポイント。

西表島は日本とは思えない亜熱帯の島で、月並みな言い方ですが、「何もない」がある。
独特な植物と原始的な風景があって、これまた月並みな言い方ですが大自然に癒されました。

他にも、釣り、マングローブジャングルの探索、シュノーケリング、海水浴、トレッキングなどなど他にもやりたいこといっぱいあるので、また農家民宿マナさんに宿泊して西表島リベンジしたいなって思ってるところ!

人もやさしい、ご飯も美味しい、西表島の農家民宿マナに宿泊して大満足 #西表島 #島旅島宿 | URAMAYU


今回の旅は「島旅島宿」の企画の一環で招待されて行ってまいりました!

島旅島宿

スポンサード リンク