海外旅行で使うお金の管理はZaimが便利過ぎた件

スポンサード リンク

今回Zaimの作者でもある@kansai_takakoソウルに旅行に行っていたのですが、海外で使うお金をZaimで管理するのが非常に便利でした。

韓国ウォンは、1000ウォンで大体70円位なのですが、桁が多く日本円で割るのも計算し辛い。
しかしZaimは現地通貨でそのまま入力しても、日本円として計算して管理してくれます
@kansai_takakoは自分で開発したにも関わらず、この機能を初めて海外で使ってみてその便利さに感動していたほど便利なのです。

こんな感じで使います。

Zaim

現地通貨で使ったお金を入力します。
(ここではTmoneyCardというSuicaみたいな交通カードに5000ウォン使っています)

入力をして保存をします。
インターネットに接続している状態であれば、その都度その時の通貨レートを計算し、日本円にしてくれます。
オフラインで「下書き保存」だと日本円に計算されないので注意。
(通貨レートのAPIとやらがあるらしく、それに接続して計算しているそうです)

Zaim

こんな感じで、現地通貨でどんどん入力していっても日本円で計算して管理できます。

海外旅行で使ったお金って、買い物しすぎて、いつどこでどれだけ使ったか忘れがちだし(特に現地通貨だとなおさら」)、現地通貨で使った金額をメモしておいてもあとで自分で計算するのが面倒だったのですよね。

都度忘れないうちに使った額をZaimに登録しておけば、その手間がものすごく省けます。
そして浪費した金額を確認して冷静にもなれますw

Zaim

普段からZaimを使っている方は特に、海外に行ったときにこの機能の事を覚えておいて欲しいです。
超絶便利ですからね!


※Zaimとは…

"もっと、お金に、楽しさを!"

Zaim は皆で楽しく続ける新しい家計簿サービスです。入力が簡単、分析が見やすいといった基本的な家計簿の仕組みを丁寧に作り込んでいるほか、「食料品の出費にかける皆の平均金額は?」といったような統計情報と比較ができるのが特徴です。登録する度にスタンプがもらえるなど、続けられる工夫もたくさん。お金と楽しくつきあう、そんなサービスを目指して日々進化中です。ぜひお試しください!

-------------
◆ ここが特徴
-------------
1) 入力が簡単(電卓付き)
2) さまざまなグラフで分析
3) 皆が何にいくら使ってるかの統計情報と比較
4) 月の予算を決め残り金額を表示(袋分け機能)
5) 続けるほどに貯まるスタンプ機能
6) 支出のお店を登録
7) Twitter / Facebook / Evernote と連携
8) 初めてでも安心、使いかたマニュアル付き
9) アカウント共有可(ほかの人と一つの家計簿を共有できる)
10) よく使う項目をお気に入りに追加
11) 世界各国の 22 貨幣に対応
12) 異なる通貨を自動変換

スポンサード リンク

今読んだ記事に近い記事もどうぞ

よく読まれている記事もどうぞ