「知られざる最強の写真管理&カメラアプリ! これだけ聞けば誰でも使いこなせるLightroom活用術」のスライドと動画 #AdobeMAXJapan

スポンサード リンク

adobemax.jpg

11月20日に開催された Adobe MAX Japan 2018にて、「知られざる最強の写真管理&カメラアプリ! これだけ聞けば誰でも使いこなせる
Lightroom活用術」というセッションをさせていただきました。

当日使用したスライドと、動画アーカイブになります。

動画アーカイブ

さらに、Lihghtroom CC 現像レッスン用の写真サンプルもダウンロードできるようにしています

Lightroom CCは、特にスマホアプリが有能過ぎて、スマホだけでRAW撮影と、Lightroom RAW現像ができるので、ぜひ使って欲しいですよ!(無料版でもかなり使える)

もともと人前で話すのは苦手で(高校までガチであがり症だった)、だからトークスクリプトとか作り込まないと話せない、アドリブトークが効かないタイプなので、大人数の前でのプレゼンは本当にプレッシャーだったのだけど、こんな機会をいただけるのだから頑張るしかないと、つまらないプレゼンにならないよう、もともと面白くない自分なりに工夫しました。

そして個人的には、これまで自分が取り組んできたHDR写真制作は、ますます廃れてくという実感を思いました。(いや、HDR写真今まで流行ったことなんかないけどw)
今どきPixelとかP20とか、AIカメラで自動で一発で良い感じのHDR風写真が撮れるこのご時世、一眼でRAWでブラケット撮影3枚して、ソフトで合成して、100MBのクソ重い写真を生成してダイナミックレンジ最強にして現像作業してる自分、もしかしてオワコンでは...いや、終わるもなにもHDR写真とか最初から始まってねーよみたいな逡巡があるわけで...でも4年前はHDR写真だけで本を出させて頂けたけど、今はまあ、HDR本とか100%企画通らないよなあと。

(脱線してきた)

AdobeのツールはどんどんAIとクラウド推しになり、誰でも、もっと、クリエイティブになれるこの時代、私もまた新しいクリエイティビティ磨きたいなと思った、Adobe MAX Japanでした。

ということで、PayPayガチャチャレンジ機運も高まり、最新モデルのiPad Pro 12.9インチとApple Pencilをビックカメラで買ってみました。
iPad版Lightroom CCと、来年には登場するだろうiPad版Photoshopで、俺は!クリエイティブになる!

スポンサード リンク

今読んだ記事に近い記事もどうぞ

よく読まれている記事もどうぞ