新しい首飾りが欲しい

スポンサード リンク

これは私の積年の悩みでもある。

私の知人・友人なら見覚えあると思う。
この、でかくて赤くて丸くて穴が空いた首飾り。
遡ること2008年の正月、仙台の駅ビルのどっかの店で買った福袋に入ってた、たぶんH.P Franceの首飾り。

2008年から現在に至るまでの5年間、この首飾りの着用頻度が高い。高すぎる。

200801bali 154 2008年1月のバリ旅行でも、

アヤソフィア 2009年9月のエジプト・トルコ旅行でも、

DSC_0064.JPG 2010年10月の上海万博でも、

DSC_0138.JPG 2011年5月のゴールデンウィークに帰省して妹の犬を連れ歩いてる時も、

tl_on_screen.jpg 2012年7月、TechLionに登壇したときも、

20130204-DSC_1071 当然、2013年の今回の世界周旅行でも、

20130319-IMG_6667 イスラエル兵とだって、

肌身離さずべか!とばかりに毎回首から下がってるこの赤い丸いやつ。
もう5年以上、2日〜3日に1日は私の首に下がってるよ、これ。

世界一周旅行の裏テーマとして、これにとって代わる首飾りを見つける!という目標があったのですが達成できなかった。
なんなら世界旅行中に「うっかり」無くしてしまいたかったけど、無事に首飾りと一緒に帰国してしまった。

世界中のそれっぽい雑貨屋さんとかアクセサリー屋さんとかを見つけては、意識して首飾りを探していたのに、なぜかこれ以上気に入る首飾りが見つからない。

この首飾り、客観的に見てもそんなに可愛いものでもないのに、なぜか私のコーディネートに欠かせない。
Tシャツとか、カジュアルな服の時にも程よい存在感と差し色でおしゃれっぽくなり、ちょっとシックな服にも程よくカジュアルダウンしてくれるのでなぜかいつも重宝している。

「これにとって代わる首飾りが見つからない、はやくこの赤い首飾りから卒業したい」

本当にどうでも良い悩みなのですが、この首飾りを選ぶたびに何となく「またこれを選んでしまった」感が自分の中に漂い、でもこれを首にかけることで落ち着く気持ちになるのも否めない。

きっと私に会う友人・知人のみなさんは、毎回こう思っているかもしれない。

「まゆみん、またあの首飾りしてるなあ」

このブログを読んでしまったならなおさらだ。
あーやだやだ、いっそのこと似たようなの手作りするか。

スポンサード リンク

今読んだ記事に近い記事もどうぞ

よく読まれている記事もどうぞ