世界一周21ヶ所目:パレスチナ自治区でバンクシーのアートとキリストの産まれたところを探すの巻

DSC_0138

エルサレムからアラブバスで1時間ほど、ヨルダン川西岸地区とイスラエル国境の「分離壁」を超えてパレスチナ自治区のベツレヘムまで行って来ました。

DSC 0120 イスラエルが「安全」のために建設した、イスラエル領とパレスチナ自治区を隔てる、別名「アパルトヘイト壁」はとても高く長く、延々と続きます。 この国境、観光客などの外国人はパスポートの提示で簡単に行き来できますが、パレスチナ人、ユダヤ人は基本的にに行き来することはありません。

DSC 0118

DSC 0113

DSC 0116 壁には社会風刺的なストリートアートが無数に描かれています。

ベツレヘムでバスを降りると、すぐにタクシーのドライバーが言い寄ってきます。 タクシーをチャーターし、60シュケルでバンクシーのアートを全て巡ってもらいました。(自力で全部巡るのは難しい) バンクシーは、

バンクシー(Banksy, 生年月日未公表)は、イギリスのロンドンを中心に活動する覆面芸術家。社会風刺的グラフィティアート、ストリートアートを世界各地にゲリラ的に描くという手法を取る。バンクシー本人は自分のプロフィールを隠そうとしており、本名をはじめとして不明な点が多い。2005年、自作を世界各国の有名美術館の人気のない部屋に無断で展示し、しばらくの間誰にも気づかれないまま展示され続けたことが話題となった。

wikipediaより

DSC 0121 有名な兵士のボディチェックをする少女。この絵好き。 この絵もロンドンでTシャツになってすごい売られてたなあ。

DSC 0122 私もボディチェックさせてもらいました。

DSC 0128 狙われる鳩。

DSC 0132 金のハートを落とす天使。

DSC 0133 人気の無い路上の壁にさり気なく描かれているのです。

DSC 0137 そして有名な花を投げる絵。ものすごくかっこいい。圧倒されました。 バンクシーと言えば、この絵を思い浮かべる人も多いかもしれません。

DSC_0142 結構大きい。

DSC 0138 何かの工場の裏の壁に描かれています。

DSC 0151 同じ工場にもうひとつ絵が。 この奥の壁に花を投げる男の絵があります。

タクシーの運転手は執拗にパレスチナの都、ヘブロンに300シュケルで行かないかと執拗に営業してくるわけですが、お金も時間も予定外だったので断ります。 運ちゃんも大学生の子供抱えて家計が大変らしい。 (パレスチナ自治区でフリーのタクシーの運転手やって子供を大学に入れられるんだ...と少し関心したのは内緒)

DSC 0091 実はバンクシーの絵を見る前日「ベツレヘムツアー」でキリストの生誕の地を巡っていました。 こちらは2012年に世界遺産に登録されたばかりの、キリストが生まれたとされる場所にある生誕教会。

DSC 0075 教会内部、地下。 イエスが産まれたとされる地下洞窟に行くには長時間並びます。

DSC 0073 そしてたどり着いた、この星が埋めらているところがイエスが産まれたと言われている場所。 信者はこの星に手をかざして祈りを捧げます。

そしてこの教会、聖書にベツレヘムという記述があった推測から「イエス・キリストが産まれたと言われている場所」に、建てられたのであって、実際にはどうなのか誰にもわかりません。 ガイドさんに「本当にここでイエス・キリストが産まれたのか?あくまで推測だよね?」と旦那氏が質問すると、 「イッツ・グット・クエスチョン(それは愚問だねと言われてる感じw)」「事実はどうであれ、信じる人が救われる」みたいな答えが返って来ました。

ベツレヘムツアーでは他にも「羊飼いがお告げを聞いた場所」とか、「聖母マリアの母乳が地面に落ち、一瞬にしてミルク色に変わった教会」とか、イエス・キリストゆかりの場所を巡りましたが、そもそも私達、キリスト教徒じゃなかった/(^o^)\

聖誕教会とか全然自力で安く行けた事に後になって知り、やっぱりツアー向いてないなあと思いました。 (最初はこんなに簡単にパレスチナ自治区に行けると思ってなかったので) おかげで翌日バンクシーの絵を見るためだけに再度ベツレヘムに訪れることになった次第です。

しかしながらキリスト教の聖地であり、イスラエル問題を象徴する街であり、人懐っこいアラブ人が多数住む街であり、エルサレムとはまた違った雰囲気があるところです。やっぱりバンクシーの絵を堪能できたのが良かったな。

TIPS & 雑記

  • ダマスカス門前でベツレヘム行きのアラブバスが出ています。バスターミナルでベツレヘム行きのバスはどれか、そのへんの人に聞いてみましょう。運賃はたしか6.5シュケル(170円くらい)。
  • バス停を降りるとタクシーの売り込みがたくさんいるので、気に入った車をチャーターします。バンクシー巡りはだいたい60シュケルが相場らしい

今読んだ記事に近い記事もどうぞ

よく読まれている記事もどうぞ