ロゼッタストーン(Rosetta Stone)で英語しゃべれるようになるぞ!#tryrs

スポンサード リンク

言語学習のロゼッタストーンの、モニター企画「TRY! Rosetta Stone」に参加させていただくことになりました。

ロゼッタストーンとは、

最先端のテクノロジーを活用した新しい方法。
リアルに「しゃべる」為に開発された先進の実用外国語コミュニケーションソフトです。

なのですって。

ちなみに私の英語遍歴はですね…

  • 高校の時に英検2級とった
  • 大学在学中、1年休学してイギリスの大学に1年間留学した
  • 留学するために、TOEFL結構勉強した、ECCも行ってた
  • TOEICも勉強した
  • ていうか、TOIECのためにいろんな本買ったしDSもやったしsmart.fmもやったし、podcastも聞いてた
  • 会社は外資系、周りの人はみんな英語できる
  • 最近になってまた英会話学校行ったり、母校の生涯学習講座に通ったりした
  • ごく最近にGIZMODOで翻訳のお手伝いをさせていただくことになった

こうやってみるとね、なんかいろいろやってるわけだ。
ああ、思い出しながら羅列してたら悲しくなってきた…。

え?英語力?

ええと、外人が何言ってるかよくわかんない。
つまり英語アレルギーで、外人アレルギーです。
スペルミスもひどいです。

多分、私、人間の能力として、本当に言語習得というスキルが極端に欠落してるんだと思うんだ。
でも英語って地球上で生きていくうちの必須スキルだと思ってて、自分が納得出来るレベルで習得したいと思って10年経ったなあ…。

でもね、また頑張るの、わたし!

ロゼッタストーンはね、「赤ちゃんがお母さんの語りかけを聴きながら学ぶのと同じ」なんですって。

そうよ、健康な人間なら誰だって言語を扱えるようになるはず!
赤ちゃんに戻った気持ちで言語を習得しろ!ってね。

そんなわけで学習中の動画をちょっと紹介。これはレベル1~5からあるうちのレベル2のレッスン2の一部。

こんな感じで、文法や単語を知らなくても、何を表しているか理解できる写真と言語をカード合わせのように紡ぎ合わせたり、ひたすら真似してしゃべったり…をひたすら反復していくことによっていつのまにか言語を習得できるようになっている、といったプログラム。

日本語訳や文法や単語の説明は一切なし!絵を見ながら反射神経で言語を覚えていく感じ。

これを見てたら簡単すぎてだるいwwとか思うかもしれないけど、日本人の英語脳って、「あ、これ日本語ではなんていうんだっけ?」みたいに思ったりするじゃないですか。
義務教育で習ってきたそう習ってきたんだからその癖はなかなか抜け切れない。

Rosetta Stone はこういった考え方をまずは捨て去る!そこから始まるんですって。

ゲーム感覚ですいすい進むから結構楽しいです。
Speaking の練習もできて発音もチェックしてくれるので、がんがんしゃべれるのも特徴。それこそ英会話スクールのグループレッスンより話せるかもw

ちなみにトルコ語とかスワヒリ語とか見せてもらったけど、やるなら全然知らない言語の方が顕著で面白いとは思う。

楽しいので、毎日ちょっとずつでもかかさずやってるよ!えらいでしょ。

レベル5まで進んで英語ペラペラになったら、海外出張に行くんだわたし!(社長よろしく!)

ということで頑張ってますよ、Rosetta Stone!

スポンサード リンク

今読んだ記事に近い記事もどうぞ

よく読まれている記事もどうぞ