eneloop bike(エネループバイク) 試乗しまして、すごいです、すごい欲しいです

スポンサード リンク

みなさまいつもお世話になっております。
先日AMNさんのブロガーイベントで、「電動自転車エネループバイク体験会 エネループバイクの秘密」に参加してまいりました。
電動自転車の伝道師(ダジャレです)たるわたくしですので、興味が湧いた次第です。

私は会社まで片道5kmの道を電動自転車で通勤してますからね、電動自転車はいろいろメリットがあります。

  • 移動のための利便性だけを考えたら圧倒的に電動自転車が便利である。
  • 坂道スイスイである。こぎだしスイスイである。
  • 坂道だったらガチでスポーツバイク乗ってるような人も「ヘヘヘヘイ!」という感じで追い越せて快感である
  • そしてエコなのである。

そしてeneloop bikeのすごいところが、

乗ったままで発電して充電する

という。

いやあ、すごい。どんなテクノロジーかわかりませんがすごいです。

イベントではまず三洋電機の植村さんからエネループバイクに関する説明をしていただきました。

Eneloop07

ポイントはこんな感じ。
  • 2008年に電動アシスト自転車は原付の出荷台数を抜く(へえ、すごい!)
  • 2008年の道交法改訂によって、アシスト比1:2にパワーアップした(従来は1:1、私の自転車も1:1)
  • 乗ったままで発電して充電する「ループチャージ」搭載(これ、エネループだけ!すごいねぇ)
  • 自動的に上り坂ではアシストモード、下り坂では充電モードになる(これもすごいねぇ)
  • 両輪駆動方式なので、安定して走行が可能(なるほどねぇ)

そして試乗会へ。クロスカントリーレーサー 山口ライダーにレクチャーをしてもらいました。
Eneloop04

お気に入りの自転車を見つけて乗り回しました。
私はこの折りたたみ式の、かわいらしい小径のタイプがお気に入り!
Eneloop05

こんな風に折りたたんで車につんで、キャンプ地の湖で走りまわるとかね!いいねぇ。
(車ももってないし、キャンプもあんまりしないけど)
Eneloop02

ふんふんふ~ん!
Eneloop01

手元はこんな感じ。
Eneloop03

この型はSPJシリーズで、標準モードで18km走れて、重量は18.5km。市場価格は9万円くらい。
(旧規定だと36km走れることになってるけど、この違いはナニ??36km本当は走れるのカシラ?)

実際に乗ってみたんだけど、私が乗ってるパナソニックの電動自転車より遥かに安定してて、パワーもあって乗り心地が良いんですけど!

あーん、欲しい、欲しいよう!

ちなみに、4月21日に発売したばかりの最新のSPLシリーズは、平坦な道を走っていても充電されるらしいです。そして55km走れるらしいです。すげー、東京から横浜くらいまで余裕で行けちゃうじゃん。

今回のイベントは休日だったにも関わらず、三洋電機さんの沢山の社員の方が対応してくださりました。
みなさん良い方でして、本当に良い製品を作って売っているんだという心意気がひしひしと伝わりました。
エネループバイク、本当に欲しいです!お金貯めます!

スポンサード リンク

今読んだ記事に近い記事もどうぞ

よく読まれている記事もどうぞ