建築内観写真×HDR

スポンサード リンク

建築の内観写真とHDRってすごく相性が良いんじゃないかと思っています。
昨今、FabCafe MTRLとか、MTRL KYOTOとか、FabCafe Tokyoがリニューアルとか、自社の新しい空間がボンボンできるので、写真を撮る機会に恵まれています。
HDRで撮影することで、空間のディテールが際立って、階調が豊かになって、空間の良さが引き出される、気がします。
感覚的な言い方をすると、広角でパキっとシュッとキラキラ!みたいな。
あと、Webのバナーとかにも使いやすくなる気がする。

FabCafe MTRL(3月撮影)

fabcafemtrl31.jpg
入り口はいったところ

fabcafemtrl32.jpg
マテリアルが一杯掛けられている壁

fabcafemtrl16.jpgFabCafeのメンバーが設計してデジタルファブリケーションでつくったドーム

fabcafemtrl15.jpgワーキング&ミーティングスペース

DSC06086.jpgちなみにこちらは同じ写真をRAW現像で極めてHDRに近づけた例。
似ていてほとんど違いがわからないって?何を言ってるの、ディテールの鮮やかさが違うんだから!

MTRL KYOTO(12月撮影)

mtrl13.jpg
1Fのコワーキングスペース部分

mtrl08.jpg
1Fのコワーキングスペース部分別角度より

mtrl10.jpg
2Fに続くイカした階段

gojo19.jpg
ちなみに工事現場真っ盛りのころのMTRL KYOTOのHDR写真もイカしています

FabCafe Tokyo(8月撮影)

fabcafe01.jpg
店舗手前部分

fabcafe13.jpg
店舗奥部分

HDR合成&現像処理するとき、すっごいテンションあがります。
もちろん、プロの建築写真家の方には及ばないのだけれど、建築写真をHDRで撮ってる人はほとんどいないと思う、もっと撮りたいなあ!

スポンサード リンク

今読んだ記事に近い記事もどうぞ

よく読まれている記事もどうぞ