エールフランス航空のグローバルデジタルマーケティング戦略に感心した件 #AFDigiDays

スポンサード リンク

AFDigiDays-1.jpg

エールフランス航空のプレスカンファレンス#AFDigiDaysにブロガーとして招待いただき、先日パリに行ってきたのですが、そのメインイベントはエールフランス航空の新しいデジタルプロモーションの発表のプレスカンファレンス。
そこで聞くことができた、エールフランス航空のグローバルデジタルマーケティング戦略がとても面白かったのでした。

LCCなど格安エアラインの席巻、KAYAKエクスペディアなど、オンラインで一括で安い航空券を検索できて予約までできるサイトが普及したこともあり、従来のフラッグキャリアはこれまで以上に、ブランディングやマーケティングを強化し、カスタマーエクスペリエンスを向上させていかないといけません。

エールフランス航空は、ヨーロッパでは1位、世界では4位の規模のフランスのフラッグキャリアです。

そんなエールフランス航空のグローバルデジタルマーケティング戦略ってどんなものなのか、見聞きしてきたことを書いていきます。

羨ましいくらいエスタブリッシュなフレンチ・クリエイティブで統一されたブランディングメッセージ

グローバルで展開する新しいエールフランス航空のブランドイメージがオシャレすぎる。タグラインを全世界共通で『FRANCE IN THE AIR』にして、グローバル展開されたクリエイティブがフランスらしさ全開。

AFDigiDays-2.jpg このモード誌のような、いかにもおフランスなフレンチ・クリエイティブ。
こういうの、ほとんどの女子、好き。JALやANAには真似できなそうなおしゃれ感がずるいです。

そして話題になった「FRANCE IN THE AIR」のブランドムービー。うっとりしちゃうほど素敵。最後にキッスとかずるい。

さらに話題になった、ファッショナブルな機内安全ムービー。
飛行機に搭乗すると必ず見ることになる機内安全ムービーで、ニュージーランド航空の機内安全ムービーなんかも有名ですね。エールフランス航空のもまたフランスっぽさが全面にでてて、ものすっごくオシャレ。
ビデオは、ファッションショーの幕開けのごとく、赤いカーテンが開き、オシャレな制服を着たCAが現れるところから始まります。
おフランス訛りの英語がずるい、たまらん。

さっきからオシャレ、ずるいしか書いていませんが(笑)。
全世界の女子を虜にできちゃいそうな、フレンチテイスト全開で、圧倒的にオシャレでエスタブリッシュなブランドイメージの発信をグローバルに展開しています。

グローバルで展開するデジタルマーケティング、統一されたCX

エールフランス航空のウェブ&デジタルマーケティング戦略が質・量ともに本気でした。カンファレンスで紹介されたスライドより、エールフランス航空のデジタルマーケティング戦略をご紹介。

AFDigiDays-4.jpg エールフランス航空のウェブサイトは1つのサイトで21言語展開。

AFDigiDays-5.jpg エールフランス航空のウェブサイトは、毎秒7人の訪問者、5秒ごとに1件のフライト予約、毎分5327ユーロ(約72万円)の売上。

AFDigiDays-6.jpg エールフランス航空のウェブサイトは、年間280億ユーロ(約3.8兆円!)の収入があり、40%はフランス国外から。

AFDigiDays-7.jpg エールフランス航空では、ウェブサイト以外にもマルチコマースを実現している。
iOS、Android、Windowsプラットフォーム向けのアプリ、そしてApple Watchのアプリも。
そして各国の事情に合わせて、45通りの支払い方法を提供しているそう(ドイツならWIRE MONEY、中国ならUnion Payなど)。

AFDigiDays-8.jpg さらに12のソーシャルメディアプラットフォームを使って、ソーシャルメディアマーケティングを展開。
中国では、WechatやWeiboなど、中国独自のSNSも使いこなす。

AFDigiDays-9.jpg 世界各国にサポートセンターを有していて、それぞれコールセンターの他、TwitterやFacebokでの問い合わせも受付けている。
日本のエールフランス航空のTwitterアカウント@airfrancejpでも問い合わせを受付けているそうです!

1ソース、マルチプラットフォーム。
グローバルで統一されたブランドメッセージと、各国の事情にアジャストされたCX(カスタマーエクスペリエンス)。
徹底したソーシャルメディアマーケティング。

考えられるデジタルマーケティング戦略はほとんど実践しているように見えます。
そして、日本でも独自に頻繁にキャンペーンを展開していますね。

そして、新しいデジタルプロモーション「#PARISDIY」

AFDigiDays-10.jpg エアーフランス航空で一番売れているディスティネーションは当然パリ。花の都パリ!
そこで、エールフランスでは、#PARISDIYというミニサイトを新しく立ち上げ、自分がパリに行ったような気になれる動画を自分でカスタマイズして作れる(DIYできる)というもの。
ただの動画プロモーション?と思う事なかれ、結構よく出来ています。

#PARISDIYサイトにアクセスし、
自分好みのパリでの1日の過ごし方を選んでいきます。

AFDigiDays-11.jpg 自分の気分(パンプスで優雅に過ごしたいか、フラットシューズで動きまわりたい気分か)を最初に選んで、

AFDigiDays-12.jpg 午前中にやりたいこと、ランチを食べたい場所、午後の過ごし方、ディナーの過ごし方を選択し、

AFDigiDays-13.jpg 最後にエールフランスの搭乗クラスを選んで(ここは当然ファーストクラス!)、動画ができあがります。 

私が"DIY"した動画がこちら。
すべてユーザー視点で構成された映像が繋ぎ合わされています。
パリでの素敵な過ごし方が自分視点で提案されていて素敵です。あえて自分でiPhoneで撮影したかのようなクオリティなので、この自分でDIYした動画が「自分事化」する感じ、なかなかイケている。

これどうやって作ってるんだろうなと思いましたが、全約5000通りの動画をあらかじめ用意してあって、全部Youtubeに(限定公開)でアップされていて、ユーザーの選択肢にによって動画がチョイスされるっぽいですね。すごい頑張ってる...

そしてPARISDIY風の動画、とってもいいなって思ったので、さっそくカンファレンスの翌日、私がパリから東京に帰る1日をiPhoneで撮影して、iMovieで編集してみました。撮影も編集も全部iPhone。こういう編集、楽しいね。

エールフランス航空のプレスカンファレンス#AFDigiDaysに招待いただき、2015/0623-26の間パリに行きました。
I was invited Air France #AFDigiDays Press Conference, I was staying Paris during 2015/6-23-26.
スポンサード リンク

今読んだ記事に近い記事もどうぞ

よく読まれている記事もどうぞ