誰も読みたくないだろうけどSurface Pro 3開封の儀

スポンサード リンク

DSC09346.jpg

やった!
やった!
ウホホホホホウホホホ、Surface Pro 3がやってきたどー!

あまりに嬉しくて、開封の写真を丁寧に撮ったので厳かに開封の儀を執り行う。
開封の儀なんて誰も読みたくないだろうけど。

DSC09320.jpg Surface Pro 3の箱!シルバーがクール!「3」が目立ってるのがポイント!前モデルのSurfaceの箱は見たこと無いけど、きっと前よりかっこよくなってるはず!

DSC09319.jpg 赤いタイプカバーは別。赤い!

DSC09321.jpg 箱のサイドには透明で上質なシールで止められています。なんとこのシールを剥がしてアンボックスしていきます。

DSC09322.jpg 箱を開けるとそこにはSurface Pro 3のタブレットが!これがパソコンなんてまだ信じられない!タブレットにしか見えない!(いや、タブレットでもあるんですけど)

DSC09323.jpg 箱の背面はこんな感じ。

DSC09324.jpg Windowsタブレットのディスプレイの下には説明書とスタイラスペンが。Surface Pro 3とシンプルに書かれた説明書を見ると、ああ、私は今Surface Pro 3の開封の儀をしてるんだなって実感させてくれます。

DSC09326.jpg Windowsタブレットのディスプレイは、当然ですが保護フィルムが貼られていて、当然ですがプラスチックゴミとしてリサイクル可能。私はこういった類のものは捨てずに箱に戻して保管しておきます。

DSC09327.jpg これが正真正銘、出荷されてから初めて世界の空気に触れたての、剥きたてほやほや、バージンSurface Pro 3の姿です。
まだ誰の手にも汚されていないピュアなお姿ですね。

DSC09328.jpg タイプカバーはこうやってSuraface Pro 3に接続しますよ。非言語の説明書き。

DSC09329.jpg パチッとはめてよっ、ほっ、という感じね、うんうん。

DSC09330.jpg タイプカバーの本体との接着部分。

DSC09333.jpg タイプカバーとの初結合!

DSC09331.jpg いいねー。

DSC09334.jpg 電源ケーブルです。バッテリー部分にはUSBポートもついてるのが地味に便利です!

DSC09336.jpg こんな感じね。上下逆でもくっついて充電できます!

DSC09337.jpg ちゃんと物理電源ボタンも有りました!
このボタンを押すと...

DSC09339.jpg なんと、初期設定画面が!
Surface Pro 3の開封の儀を収めようとカメラを構えた本人が写り込んでいますね。

DSC09340.jpg そしてスタイラスペンのセットアップ。
そんなこといいからはやく操作感試したいとはやる気持ちを抑えつつ、言われるがままに7秒ペンを押します。
写真撮りながらセットアップするのは地味に大変なんだよ〜

DSC09341.jpg Microsoftのアカウントなんて持ってなかったから新規作成します。

DSC09342.jpg こんな感じでね、携帯のSMS宛にセキュリティコードが送られて認証したりします。はやく!さわりたい!

DSC09344.jpg そしてセットアップ完了、Windows 8のメトロUIキタコレ!

DSC09346.jpg インコもキタコレ!

DSC09347.jpg このタイプカバーのキーボード、なかなか乗り心地が良いぴよ?

DSC09349.jpg このキーボード、剥がして良い?

DSC09350.jpg Surface Pro 3、気に入ったよ!

DSC09353.jpg Surface Pro 3の説明動画もチェックしとくよ!

DSC09354.jpg ちなみに、スタイラスペンを収納する両面テープ仕様のこれは無いだろw
すぐ取れるし、邪魔だし、収まりも悪いし、ここだけ随分サボったなw

今回は誰もよまない開封の儀の記事ですが、ちゃんとSurface Pro 3は毎日すっごく楽しく使っていて、ちゃんとしたレポートも引き続き書いていく予定です。
ちなみに2014年12月末まで、タイプカバー無料でついてくるらしい。


スポンサード リンク

今読んだ記事に近い記事もどうぞ

よく読まれている記事もどうぞ