MacBook Pro 13インチ Retinaディスプレイモデル購入の当日レビュー!

スポンサード リンク

今日、MacBook Pro 13インチ Retina ディスプレイモデルを買いました!
DSC_2208.JPG

購入したのは以下のモデルです。
  • CPU:2.5GHzデュアルコアIntel Core i5
  • メモリ:8GB
  • ストレージ:256GB
  • 価格:168000円

ストレージは128GBじゃさすがに厳しいし、Corei7にもアップグレードできるオプションもあったけど、アップルストアの店員さん曰く動画編集とかしない限り差異はわからないそう。512GB以上にもカスタマイズできるけど高いしまあいいかと。

アップル好きクラスタが多い私のSNSのタイムラインでもMacBook Pro 13インチ Retinaモデルに手を出している人が全然いないのはどうにも不安だったんだけどね...、でもさ、だってさ、
スリムでフラットな見た目はどう考えたってかっこ良いし、Retinaの美しいディスプレイが搭載されているのは言わずもがな、持ち運ぶにも許容できる13インチの登場は、もう「待ってました!」って感じでしょう!?
重さは1.62kgだけど、MacBook Pro 13インチモデルの 2.06kgから440gも軽くなって、MacBook Air 13インチモデルの1.35kgから270gしか重くない。

にも関わらずMacBook Pro 13インチ Retinaモデルが見送られる理由としては、どうやらスペックがイマイチなんだそうで。

Retinaディスプレイ搭載モデルですが、MacBook Pro (13-inch Mid 2012)と性能的には差は無いようです。
つまり、性能差はほとんどないマシンに、今回だけ普通のディスプレイの4倍、GPUの性能を求めるRetinaディスプレイを搭載しているのが、MacBook Pro 13インチ Retinaなんですよね。

MacBook Pro 13インチ Retinaを買おうと思っている人、ホントによく考えた方がいい:[mi]みたいもん!

しかし注意して欲しいのは、モンスターのようなMacBook Pro 15インチ Retinaモデルとは同レベルでは無い...という認識が必要だということです。

MacBook Pro 13インチ Retinaモデルを買う前にチェックしておきたいこと : ギズモード・ジャパン(自分が翻訳した記事ですが)

と、なんだか地雷扱いされているこのモデルですが...、はっきり言って、動画編集をする人とか、3Dのゲームをやる人とか、ブラウザのタブ常時30個くらい開いて作業するようなヘビーユーザーでない限り、実用レベルではまったく気にならないというのが私の感想です。

むしろすげー快適です。SSD最高。Retina最高。

とりあえずChrome入れてOffice for MacやらAdobeのPhotoshopにIllustratorを入れたりdropboxを入れて同期しまくりながら今ブログ記事を書いていますが、全然快適ですもの。
とにかくRetinaディスプレイの美しさがすばらしい。すでに隣のMacBook Pro 13インチの文字がかすんで見える、やばい。もう戻れないかもってくらい。
iPhone 3G からiPhone 4に乗り換えた時くらいの衝撃です。

その肝心のディスプレイの設定は、こんな感じ。
retina.jpg デフォルトが「最適(Retina)」が1280×800ですが、これはいくら精細な描写になったとはいえ、不満だったMacBook Pro 13インチの狭い画面から代わり映えしないので、次段階の「1440×900」に設定しました。最大で1680×1050まで設定可能です。

DSC_2201.JPG 今持っている2011年2月末購入のMacBook Pro 13インチモデルと厚さを比較してみます。

DSC_2198.JPG 並べてみる。右がRetinaモデルですが全体的に若干コンパクトになっています。
あと、新しい方がりんごマークの白さが際立っています。

DSC_2202.JPG 開いて並べてみたところ。写真のクオリティが残念で違いが全然わからないけど、実際はディスプレイの精細さが全然違います。
DSC_2194.JPG ちなみに箱の中身、一番上のMBP本体に覆われていた下はこんな感じ。

2011年2月末購入のMacBook Pro 13インチモデルからの乗り換えなので、我ながら買い替えサイクル早いなあと思うのですが、当時ヤマダ電機のポイント還元がかなりお得だったので実質93000円で購入したものを今売ったらきっと3〜4万にはなるだろうと見越せば、まあ、アリだろう、な、アリだろ?
1年9ヶ月の減価償却額は63000円くらいなら全然アリですよね!と自分に言い聞かせました。

なので、13インチのRetinaモデルに迷っている人、でもスペックに引っかかっている人は、まずは実機を触ってみると良いと思います。
私はまだセットアップしながらの数時間しか触っていない状態でこのブログを書いている程度の感想でしか無いのですが、スペック厨じゃなければ全然最高だと思います、このマシン♡
とりあえず、Retinaディスプレイ嬉しいなって。

スポンサード リンク

今読んだ記事に近い記事もどうぞ

よく読まれている記事もどうぞ