モテる女子力を磨くための4つの心得(パロディ)

スポンサード リンク

モテる女子力を磨くための4つの心得「オムライスを食べられない女をアピールせよ」等:BIGLOBE Kirei Style ニュース

があまりに衝撃を受けて、インスパイアされたので、昼休みの勢いでパロディの文章を書いておく。公開はするが後悔はしていない(あっ)


1.あえてiPad2 を飲み会に持っていく あえてiPad2を使うようにしましょう。そして飲み会の場で好みの男がいたら話しかけ、わざとらしくiPad2を出していじってみましょう。
iPad2は4月28日にアップルストアなどに並べば買えますし、転売品も探せば購入可能でしょう。

そして「あ~ん! このiPad本当にマジでチョームカつくんですけどぉぉお~!」と言って、男に「どうしたの?」と言わせましょう。言わせたらもう大成功。「iPadとか詳しくなくてぇ~! 最近コレ使ってるんですけどぉ~! 使いにくいんですぅ~! ぷんぷくり~ん(怒)」と言いましょう。だいたいの男は新しい端末を持ちたがる習性があるので、古いiPadを持っているはずです。

そこで男が「いいなあ、iPad2、僕も欲しいんだよね」と言ってくるはず(言ってこない空気が読めない男はその時点でガン無視OK)。そう言われたらあなたは「なんかなんかぁ~! 最近iPhone5が人気なんでしょー!? あれってどうなんですかぁ? 新しいの欲しいんですけどわかんなぁぁああい!! 私かわいそーなコ★」と返します。すると男は「iPhone4でしょ? 5はまだ出てないよ。本当に良くわからないのによく持っているね、ちょっと使ってみたいな。アプリとか教えてあげるよ」という話になって、次の休みの日にはFaceTimeなどしたりして、一気に二人の距離が縮みます。

2. Twitterで (☝ ՞ਊ ՞)☝を使うとモテる

「キャー!」とか「悲しい!」などを表現する「 (☝ ՞ਊ ՞)☝」をコメントに入れると、Twitterの男性ユーザーは「なんかこの子カワイイなぁ」や「支えてあげたいかも」と思ってくれます。インターネット上では現実世界よりもイメージが増幅されて相手に伝わるので 「 (☝ ՞ਊ ՞)☝」 を多用することによって、男性はあなたを可憐で女の子らしいと勘違いしてくれるのです。そういうキャラクターにするとほぼ絶対に同性に嫌われますが気にしないようにしましょう。

3. とりあえず男には「ひどい…こんなのってないよ、あんまりだよ」と言っておく

飲み会などで男が女性に話すことといえば自慢話や趣味の話ばかり。よって、女性にとってどうでもいい話ばかりです。でもそこで適当に「そうかもね。否定はしない」 とか「「ここで私を拒むなら、どうせ貴女は死ぬしかない」 と返してしまうと、さすがの男も「この女ダメだな」と気がついてしまいます。ほむらだとバレたら終わりです。そこは無意味にテンションをあげて、「ひどい…こんなのってないよ、あんまりだよ」と言っておくのが正解。たとえ興味がない話題でも、この世の終わりのような過剰なリアクションをしましょう。

いろいろと話を聞いたあと、「私なんかでも、本当に何かできるの?こんな結末を変えられるの?」 とコメントすればパーフェクト。続けて「希望を抱くのが間違いだなんて言われたら、私、そんなのは違うって、何度でもそう言い返せます」と言って、「まどか?」と男に言わせるのもアリ。そこで「――君は、本当に神になるつもりかい?」と言えば女子力アップ! そこでまた男は「この子おもしろくてカワイイかも!?」と思ってくれます。私は学歴も知識もありませんしブスですが、こういうテクニックを使えば知識がない私のようなバカ女のほうがモテたりするのです。男はみんなまどかまぎかが好きですからね。

4. レストランでは同じ飲み物を頼む

男とレストランに入ったら、デートでレストランに行ったら必ず同じドリンクを頼みます。
ビールならビール、サワーならサワーといった具合に。
で乾杯した後ちょっと口をつけてうつむきます。
そしたら必ずどうしたの?と聞いてくるので、
「〇〇君と同じ飲み物を飲めるようになりたいのに…、本当はビール飲めないの…」
ともう一度頑張って飲むふりをします。

そうしたら必ず「無理して飲む必要ないよ」と飲んでくれるので、「あ、間接キスしちゃった!」と恥ずかしがりましょう。

「なんて可愛い子なんだろう。コイツは俺の女だ!」と心のなかで誓い、あなたに惚れ込むはずです。

意中の男と付き合うことになったら、そんなことは忘れて好きなだけビールを飲んで大丈夫です。「飲めないんじゃなかったっけ?」と言われたら「大丈夫になった」とか「慣れた」、「そんなこと言ってない」と言ってガブガブ飲んでおけばOKです。

スポンサード リンク

今読んだ記事に近い記事もどうぞ

よく読まれている記事もどうぞ