エアカナダ 成田-カルガリー直行便(AC010,AC009)エコノミークラス搭乗体験記 #アルバータの冬

スポンサード リンク

DSC08658.jpg

冬のアルバータブロガーツアーで登場したエアラインは、カナダのフラッグキャリアであるエアカナダ(Air Canada)の成田-カルガリー直行便。
往路のAC010は、水・金・日の週に3便で、成田を16:10に出発し、カルガリーには朝の9:45に到着、フライト時間は約9時間半。
復路のAC009は、火・木・土で、11:40にカルガリー発、14:40位に成田着でフライト時間は約11時間。

直行便なので一回乗ってしまえばあっという間に着いちゃいます。
フライトもそんなに高くなく、冬の平日(例えば1月13日とか)なら、エコノミー往復10万ちょっとでエアカナダの公式サイトから予約できます。
フライト料金はもちろん、時期によって大きく変動するのであくまで参考程度に。

そしてエアカナダはスターアライアンスグループなので、ANA派の方はマイレージが貯まりますよ。(私JAL派...)


Post from RICOH THETA. - Spherical Image - RICOH THETA

エアカナダはエコノミーでも座席は広めにとってあってなかなか快適。
(体格の良いカナダ人仕様ということでしょうか、たぶん関係ない)

image ちなみにビジネスクラスのお席はこんな感じで、モダンなコンパートメント式。快適そうだな〜!

DSC08662.jpg 足元結構ゆったり。

DSC08657.jpg そしてエアカナダの良い所はUSBと電源プラグがほぼ全席に備わっていること。
北米&カナダはA仕様の電源プラグのため、日本の電気製品そのまま使えます。

エンターテイメントはタッチパネル式で、映画多数。日本語(ただし吹き替え)に対応しているのは5作品ほどでした。
私はよく知らずにキングスマンエージェントを見ましたが、思いの外すっごい面白かった。

DSC08655.jpg 行きの便では、離陸後2時間ほどで食事が出てきます。
チキン的なもので、味はなかなか。ごぼうサラダもケーキも美味しかったです。(日本の機内食会社がつくってるんだろうな)

ビールはカナダの「CANADIAN」を頂きました!

DSC08660.jpg 2回目の機内食は朝ごはん的な。
まあまあです。

北米へ行く路線はどれも時差が辛いですね、太平洋横断の宿命です。夕方に出発して、日本の真夜中にあたる時間に現地到着、現地は朝。
寝るか寝ないかは本当にその人次第。私は1時間くらいしか寝れなかった。

そして帰りの復路は、1万ちょっとプラスして、エコノミーの中でも一番前の壁前席などが選べる「プリファードシート」にしてみました。
帰りの10時間半のロングフライトを少しでも快適に過ごすためには全然アリ。

DSC09239.jpg わーい、広い、快適!

DSC09238.jpg しかも、真ん中席にしたのですが、隣2席も空席でここは私の占有スペース(のような気持ち)に!

DSC09240.jpg 機内食その一、チキン。
ビールはカナダのCOOL RIGHT。

DSC09241.jpg 機内食その二、パスタ。
フルーツ美味しい。

オフラインでブログ書いたり、本読んだり、寝たり、気づいたら2席分使って横になって寝てたり、かなり快適に過ごせました。
プリファードシートバンザイ。

サービス面でちょっとしたエピソードがあって、帰りの便でKindleで、漫画では初めて読む、エヴァンゲリオン14巻最終巻(ほら、最近Amazon Kindleで全巻700円セールとかやってたからさ)を読んで、感動して泣いてたわけですよ。どうせ隣もいないので、割と普通にメソメソと。
その恥ずかしい瞬間に、キャビンアテンダントの金髪の大きいおばさんが「これアップルウォッチ?興味あるのよ、どう?」みたいに気さくに声かけてきて頂いて、ほんと、もう、勘弁してくれと思った瞬間がありました。まる。

カナダのフラッグキャリアだけあって、エアカナダは総じてしっかりしています。
なによりアルバータに行くのに直行便で行けるメリットは何よりも大きいです!

Special Thanks, Travel Alberta JapanAir Canada ※アルバータ州の魅力を発見する #アルバータの冬ブロガーツアーに参加しています。

スポンサード リンク

今読んだ記事に近い記事もどうぞ

よく読まれている記事もどうぞ