あしかがフラワーパーク、日本一の藤棚を背景に花よりカメラ

スポンサード リンク

20150502-SDIM0126.jpg

ゴールデンウィークの話だけど、あしかがフラワーパークの日本一の藤棚が満開だそうで、ちょっと行ってきたのでした。

車は混んでそうなので電車で。北千住まで行って東武線の足利市駅まで行き、シャトルバスに乗る。家から2時間ちょっと。
満開の花々はキレイだった。藤棚もキレイだった。

最近MATERIAL HDRみたいな写真も撮れないかと考えていたので、いろんなカメラぶら下げて呆れられるほどに写真撮りました。

image 花よりカメラ。
Sony α7と、SIGMA dp2 quattroと、OLYMPUS AIR A01ぶら下げるひと。

20150502-DSC04075.jpg 本当に見事な藤の花。

20150502-DSC04077.jpg

20150502-SDIM0093.jpg 白い藤もキレイ。

20150502-SDIM0092.jpg フラワーパークはこんな雰囲気。

20150502-SDIM0121.jpg らっしゃい。

20150502-SDIM0129.jpg 夜もライトアップ。月が出て気持ち良い宵闇。

20150502-DSC04103.jpg

20150502-SDIM0131.jpg 不気味な感じすらある。

P5020060.jpg OLYMPUS AIRで撮影出来たお気に入り写真。
ファインダーはスマホで、アングルは花の下から撮影する画角では、普通のカメラだと中々やりづらい。

P5020063.jpg ピントはずしちゃったけど、これはこれで好き。

20150502-SDIM0061.jpg

20150502-SDIM0082.jpg

そしてHDRにしてみたシリーズ。
基本真上アングル。
201505_flower.jpg 質感と立体感と鮮やかさを引き出すのと、単に気持ち悪くなるのと紙一重だね。
この被写体なら、花の青さが濃くなって、立体感がでてまだよい感じ。

201505_flower8.jpg

201505_flower10.jpg

201505_flower11.jpg 正直な話をすると、RAWをLightroomにして現像調整するのと、わざわざ3枚ブラケット画像を用意してHDR合成したものを幻聴調整するのと、画像の変化幅の差異はあんまり無いんだよね(笑)。HDRにした方がじゃっかん鮮やかになるんだけど、「MATERIAL HDR」、もう少し粘ってみようと思います。

スポンサード リンク

今読んだ記事に近い記事もどうぞ

よく読まれている記事もどうぞ