ダイソンのスティック型の最新掃除機「Fluffy(DC74)」何でもかんでも一気に吸い込んで万能で素敵

スポンサード リンク

DSC08757.jpg

ダイソンの掃除機に絶大なる信頼をよせています。
オススメの掃除機は何かと聞かれれれば「とりあえずダイソン!壊れないしとにかく吸うし、間違いない」と答えます。

新しいスティック型のコードレスクリーナー「Fluffy(DC 74)」の記者発表会にブロガー枠に招待頂き参加してきました。

DSC08088.jpg (コードレス掃除機製品の開発責任者、ケビン・グラント氏)

ダイソンのコードレススティック掃除機は、2014年は300億超えの予測で、コードレススティック掃除機のマーケットでは、ダイソンは常にその過半数(年によってはそれ以上)のシェアなんだそうです。

この「Dyson Fluffy(DC 74)」は圧倒的な吸引力で、大きいゴミから小さいゴミまで同時に吸い上げてしまうという超万能設計の最新のコードレススティック掃除機。

ダニや花粉などアレルゲンの原因となる(普段家の中じゃよく見えない)細かい粉カスみたいなゴミから、鳥の餌、米つぶ、まで同時に一気に吸い取ってくれます。

DSC08070.jpg

何がすごいって、今まであまり意識したことありませんでしたが、ほとんどの掃除機は、大きなゴミか小さなゴミのどちらかしか吸い取ることができません。微細なゴミをとるにはヘッドの底面を床にできるだけ密着させる必要があるけれど、それでは米粒などの大きなゴミを前方に押すだけになるのだそう。

Dyson fluffyのヘッドの先端部分は、床との間に大きな隙間がありローラーの下の部分が露出している設計。前に進めば、米粒などの大きめのゴミでもふわりと包み込み、ヘッド内側の吸引口へ運ばれる仕組みなのですね。

ダイソンさんに送ってもらったDyson fluffyをさっそく使ってみます。
先に感想を述べると、うちの掃除はこれ一本で手軽で楽チンでピカピカきれいにできるじゃん!fluffy最高!うひょーい!という感じ(笑)

DSC08740.jpg

開封。

DSC08744.jpg

中身一式。
ヘッド(吸い込み口部分)のアタッチメントは4種類。クリーナーヘッドの他に、ベッドや布団・ソファなどに入りこんだホコリやアレルゲン物質を吸い取るミニ・モーターヘッドと、ブラシ付きノズルや隙間用ノズルが付属しています。

DSC08755.jpg

Dyson Fluffyに採用されているデジタルモーターV6は毎分最大110,000回転するらしく、コードレス掃除機の中では最強の吸引力を誇るそうです。
デザインもかっこいいTier Radial(ティアーラジアル)サイクロンが吸い込んだ風量を強くして、微細な粒子ゴミもしっかり空気から分離してクリアビンに閉じ込めてくれます。
グリップ部分は、人間工学に基づいたデザインで。オン/オフはトリガーで指先だけで操作できる。
重心がグリップ近くにあるので、非常にさばきやすいのと、長い時間使っても腕も疲れにくいなと思いました。

DSC08756.jpg

モーター部分の後方についているこの「MAX」ボタンでさらに「強モード」に変わります。ただでさえ吸引力が尋常じゃないのに、これを押すとさらにMAX吸い取る界王拳ボタンみたいなやつ。

DSC08758.jpg

そしてfluffyの特徴はなんといっても、ダイソンのエンジニアが従来のクリーナーヘッドを根本から設計し直したというクリーナーヘッドの構造。
赤青のナイロンフェルト部分が柔らかくなっていて、大きなゴミも逃さないよう包み込んでくれます。黒い部分はカーボンファイバーブラシで、静電気も抑えてくれるので小さなホコリもちゃんと吸い取れます。しかもこのローラーが床にぴたっと密着して回転するので、小さいゴミもちゃんとキャッチしてくれる!

DSC08769.jpg

さて、どんだけ吸い取るか試してガッテン!
うちではよく床に落ちているインコの餌やら、硬い木の枝やら、別の掃除機で吸い込んだホコリをわざわざぶちまけてみました。ちゃんと吸い取ってくれるかな?

ワンストロークで、すさまじい吸引力!
何もかも一網打尽じゃん、あああ気持ちいい!! これは気持ちよすぎてニヤニヤしちゃうレベル。

DSC08772.jpg

ダイソンの独自設計や至高エンジニアリングの話は小難しくてよくわからない人も、とりあえず何でもかんでも一気に短期間に吸うってことがわかれば良いのだと思う。

3.5時間の充電で20分間利用することができます。
うちみたいな2LDKの広さで、そしてこの吸引力だったら十分だけど、ちょっと心もとないと思う人もいるかもしれないですね。

DSC08795.jpg

ちなみにこの実験とは別途、リビングを3回ほど掃除した時のゴミの溜まり具合。
鳥の餌から細かい謎の粉(略して謎粉)、そしてどこから湧いてきたのか不思議なホコリの塊、髪の毛。
ほんとまあ、鳥と人間が普通に生活してるだけで(昼間ほとんど人いないのに)、よくぞここまでゴミが出てくるものです。

毎回ダイソンのゴミボトルを綺麗にした後に家を掃除すると思いの外いろんな物が吸い取れるのを目の当たりにしてドン引きです。

DSC08796.jpg

普段どれだけ掃除してないんだよと突っ込まれそうだけど、いや、それもそうなんだけど、ダイソンすごいんだって!
コードレススティック型の掃除機が欲しいなら、今はこの「Dyson Fluffy(DC74)」が一番良いと思うな。


スポンサード リンク

今読んだ記事に近い記事もどうぞ

よく読まれている記事もどうぞ