初めてのサンフランシスコとナパバレー

スポンサード リンク

Golden Gate Bridge

いつか行くだろうと信じてやまなかったサンフランシスコに訪れる機会がとうとう来ました。
関わったプロジェクト「FabCafe Brand Book」が、歴史ある広告賞「NYADC」の栄誉あるシルバー賞以上受賞したということで、マイアミで開催されるセレモニーに行ってCUBE(トロフィーのようなもの)をプロジェクトメンバーでもらいに行くという簡単で楽しいお仕事がありました。
マイアミは直行便が無く、アメリカのどっかの都市を経由しないといけない。
だったらサンフランシスコを経由して、サンフランシスコにいる人達に遊んでもらおう!とということで、3泊することにしました。
(ちなみにサンフランシスコ滞在は完全プライベート)

JALで羽田0:05発の深夜便でサンフランシスコには17:30頃着。この深夜便、なかなかラクで良い。
早速、現地にいる日本のみなさまとステーキディナー。
DSC04201.jpg アメリカン!美味しかった。でもフレンチフライは食べきれなかった。

DSC04206.jpg @miyagawaさん!
今や9000人以上のユーザーがいる、私もよく分かってないけど毎週ジョギング中に聴くポッドキャスト、Rebuild.fmを100回聴きこんだ頃に、いつか私も出演できるんじゃないかと勝手に思ってる。
これからポッドキャスト、もっと流行ってくると思う!

DSC04207.jpg 店変えて、ビール沢山飲んだな〜
きっと夜が早いサンフランシスコでは珍しく、夜中の1時位まで飲んでました。

今回連れて行ってもらったステーキを中心にしたアメリカンでおしゃれなお店
Bluestem Brasserie - Financial District - San Francisco, CA | Yelp

@drikinさんに連れて行ってもらうナパバレーツアー

2年くらい前まで出させてもらっていたdrikin.tvなどで大変お世話になっている、サンフランシスコ在住エンジニアの@drikinさん。
サンフランシスコ行くから遊んでとお願いしたら、みんなで楽しくナパバレーに行くツアーを催行してくれました。ナパバレー、すっごく行ってみたくて、とても楽しみにしていたんです。

DSC04211.jpg こんな萌える橋を渡ったりして、サンフランシスコ市内から1時間半くらいで、

DSC04218.jpg ナパバレーの、オープンエアーのおしゃれなレストランに到着。

DSC04228.jpg この日の天気は珍しく半袖になれるくらい暖かく、天気も最高。
日曜日の昼間、ナパバレーで、まずはシュワっとスパークリングワイン。ああ、至福。

DSC04238.jpg ピザ!うまい。

DSC04242.jpg @drikinさん。

DSC04253.jpg ほんとお天気最高!

行ったお店は、
Redd Wood - Richard Reddington's Yountville Pizza Restaurant in Napa Valley

次はかの有名なOpus Oneのワイナリーへ。
完全予約制、テイスティングは1杯40ドルと、気軽に来れない感じがまたね、プレミアム感があってね、良いよね。

DSC04263.jpg Opus Oneワイナリー。
何でしょうか、この崇高な芝生のなだらかな山は...。

DSC04302.jpg

DSC04266.jpg そして山の上には白亜の宮殿みたいな建物が。

DSC04268.jpg 建物内も優雅です。

DSC04270.jpg そしてテイスティングカウンター。

DSC04272.jpg 有名なOvertureもあります。(Overtureと聞くとYahoo!のリスティング広告の方を真っ先に思い浮かべちゃう)
ここは来た人全員、1人1杯頼まなくて大丈夫。
40ドルのグラスワインを3杯頼んで、8人でシェアしました。
ちなみにお土産に1本買おうかと一瞬思いましたが、1本235ドルからだったので止めました。日本で買うよりははるかに安いとしても、高い。

sanfrancisco03.jpg さすが完全予約制のワイナリーだけあって、テイスティングできるところもとても素敵。(HDR撮影写真)

DSC04273.jpg 1杯40ドルのワイン!だが写真じゃ一切伝わらない高級感。

DSC04281.jpg Opus Oneのワインと私。エセセレブ感出てますね〜

他にも、
DSC04325.jpg お城みたいなワイナリーに立ち寄ったり、

DSC04331.jpg そこには猫がいたり、

DSC04333.jpg 中はこんな感じだったり、

DSC04342.jpg また別のワイナリーでテイスティングしたりしました。

DSC04343.jpg 6種類くらいのワインをちょっとずつテイスティングしたよ。
良い感じでほろ酔い、わたしは車でうとうとしながらサンフランシスコ市内に戻ります。

DSC04354.jpg そして、帰りにちゃんと「サンフランシスコといえばゴールデンゲートブリッジ」に寄ってくれる素晴らしいツアー。
ちょうど日が暮れ始め、しかも雲ひとつ無い澄んだグラデーションの空とゴールデンゲートブリッジ。
連れてきてくれてありがとう!!!

DSC04366.jpg ちなみに夜になるとかなり寒いサンフランシスコ。気温差激しいので温度調節できる服装必須。

DSC04390.jpg そして夜ご飯はサンフランシスコ名物ダンジネスクラブを食べさせてくれるPPQへ。
中華料理店です。この蟹が今回のアメリカ滞在の中でも一番印象的で美味しかったな。
ダンジネスクラブをいろんな味付けで食べられる。

DSC04391.jpg とにかく、ひたすら無言で素手で蟹を割り、ほじくり、食べる。
この店特有らしいガーリックヌードルとほぐした蟹を一緒に食べるとこれまた旨し。
いろんな味付けの蟹が目の前に沢山置かれているので、すぐに手が伸びてしまう。蟹を素手でもくもくと食べる、こんなにプリミティブで、目の前の食べ物にこんなに集中したのはいつぶりでしょうか。
すっごく美味しかった、また食べたい...!
お値段も8人でシェアできたので、1人4000円くらいとリーズナブルでした。

PPQに関しては、一緒に行った@west_zakiさんのブログにとても詳しく書かれています。

ダンジネスクラブならPPQ Dungeness Island@サンフランシスコ - Westzaki's Blog

DSC04398.jpg そして、最後にツインピークスの夜景スポットまで連れて行っていただきました。

ああ、素晴らしいサンフランシスコの日曜日。
本当に楽しい時間を過ごすことができました。改めて一緒に遊んでくれたみなさま、ありがとうございました!
翌日はケーブルカー乗ったり、BlueBottle Coffee行ったり、Twitter本社に行ったりしたのですが、また別エントリーで!

スポンサード リンク

今読んだ記事に近い記事もどうぞ

よく読まれている記事もどうぞ