世界一周3カ所目:絶海の孤島イースター島でモアちゃん巡り

スポンサード リンク

Easter01

Easter02

Easter03

Easter04

Easter05

Easter06

Easter08

Easter09 全部HDR撮影

そんなわけで、夢の楽園タヒチ島の次は、絶海の孤島イースター島までやってきました!
南米のチリから3800km、タヒチからは4000km、まさに太平洋にぽつんと浮かぶ、まさに「絶海の孤島」。

Easter10

イースター島という呼び名はスペイン語圏"以外"の呼称で、スペイン語ではIsra de Pascua(イスラ・デ・パスクア)、島民は Rapa Nui(ラパ・ヌイ)と呼ばれています。

こんな大海の中にぽつんと浮かぶ周囲58kmの小さな島のあちこちにそびえ立つモアイ像は何のために作られたのか、どうたって運ばれたのか未だに謎に包まれたまま...。
この神秘さがこのイースター島を有名にして人々を魅了する理由なのでしょう。

そんなわけで「死ぬまでにモアイは見てみたいけど、わざわざ行くには遠すぎる」イースター島、世界一周でもしない限り絶対行かないだろうということで、今回の世界一周の中でも優先度が高い場所に位置づけていました。
OneWorldの世界周遊券では、週に1便だけ出ているタヒチ→イースター島のラインを使うことが出来るのがポイント。

飛行機のスケジュールの関係上、イースター島には1泊しかできないため効率的に島を自由に回りたかったので、現地でレンタカーを借りることにしました。1泊2日でも充分に有名なモアイや名所を全部見て回ることができました。
モアイばっかりで飽きるかと思いましたが、似たようなモアイの中でもそれぞれ個性があって、だんだん「モアちゃん」と勝手にあだ名をつけて愛でていました。
Easter11

Easter13

慣れない右ハンドルですが、車が全然通って無いので私レベルでも楽しく運転できます。

イースター島はモアイだけでなく、とても自然が豊かで、空、雲、雨、虹、山、風、木、草原、海、岩、馬、牛...周りに自然以外何もない360度パノラミックな景色を眺めながら、くねくね登り下りするワイディングロードを4WDでドライブするのは最高に気分が良かったです。

Easter12 至る所に野良馬がうろちょろしていたり...(一応持ち主はいるらしい)

Easter14 雨期なので、スコール級のにわか雨が良く降るのですがその後にはスカっと青空と虹が現れたり、(今回の旅ではイースター島1泊2日で虹を5回くらい見た)

Easter15 走ってる途中にかの有名なモアイ製作所「ラノ・ララク」が現れたり。

Easter16 白浜のアナケア・ビーチがあって、現地の人や観光客で賑わってたり、

Easter17 そのビーチの近くにまたモアイが立っていたり、

Easter18 アフ・アキビのモアイに、

Easter19 Easter20 アフ・タハイのモアイ。

Easter21 ラノ・カウの火山湖は壮大で、今にもラスボスが現れそうだったり。
実際に火山湖にたどり着くまでドラクエのダンジョンみたいな、海沿いの絶景のくねくね道を歩いていくのですが、(こんなの↓)
Easter22

この火山湖を見た後超特大スコールに見舞われ、びしょ濡れになったりしました。
神の怒りに触れたのだと思ってしまうほどのスコールでしたよ...。

夕暮れのビーチには地元のサーファーたちが集まりサーフィンしていました。
きっと島民の人たちは他にやること無いのでしょう(失礼)、小さい頃から海に通っているに違いないので、サーフィンみんな上手過ぎ。

Easter23

この時期のイースター島は夜9時半頃までずっと明るくて時間の感覚が狂いそう。
その分、モアイ巡り出来る時間が増えて良かった。

Easter24 翌早朝にはアフ・トンガリキのモアイから臨む朝日が美しいということで早起きして借りた車を飛ばして行ってみましたが、なんだか曇ってて、むしろ雨が降っててイマイチ。

Easter25 結構たくさんの人たちが朝日を見に来ていました。

※写真と説明は時系列ではありません

いやあ、モアちゃん可愛かったなあ!なんでこんな離れ小島にこんなにたくさんのモアちゃんいるんだろう。
一通りのモアちゃん見たけど、ずっと不思議で魅力的でした。

TIPS & 雑記

  • 空港に着いてさえしまえば、宿・レンタカー、その他ツアーなど全て現地で手配可能です。空港の荷物引き取るところにたくさん呼び込みがいるのでそこからまずは宿を手配してしまうのが手っ取り早そうです。
  • 宿はここに泊まりました。Cabanas Keu Henua -Hanga Roa- 口コミ・格安予約
  • 島の物価は高めです。(物価がくそ高い、シドニーとタヒチを経由してくるとむしろ良心的に感じますが基本は高い)
  • 離島なので食事に大きな期待をすることはできません。島のスーパーに売っている食材も新鮮ではなさそうでした。とはいえレストランの食事は決して不味くないと思います。(1泊2日しかいないので何とも言えませんが)
  • 治安はすこぶる良いと思います。もちろん油断はできませんが。
    観光で成り立っている島で、ビーチもあって、全体的にこじんまりしてて、おしゃれなレストランもいくつかあって、温暖で、居心地はとても良かったです。時間があれば島に長期滞在してだらだらしても良いくらい。
  • インターネット事情はあまりよくなく、フリーのWiFiはほとんど期待できません。島のネットカフェ(1時間400円くらい)でインターネットしました。速度は遅め。
  • イースター島に飛ぶ多分唯一の航空会社、LAN航空。とりあえずイースター島経由便に関してはよく遅れるようです。帰りの便が5時間遅れで18時の予定が23時になりました。島のホステルの方がその情報をすぐにキャッチしてくれて、LAN航空もちでその日のステイ代(朝・昼・夜食込み)がタダになって良かったのですが。
    (ホステルも儲かってハッピー、宿泊者も宿代と食事代がタダになってハッピーと寸法w きっとよくあることなのでしょう。)
スポンサード リンク

今読んだ記事に近い記事もどうぞ

よく読まれている記事もどうぞ