川崎に住むべき5つの理由

スポンサード リンク

Photo1 [Photo by 川崎市まちづくり局]

引越しを検討している友達には、私は誰でもいつでも、どんなに川崎が便利で素晴らしいかを熱く語っています。今回、ブログでちゃんとまとめて読んでもらえばいいのではと思い、長々川崎の良さについて紹介する次第です。

一口に川崎市といっても西は新百合ヶ丘の住宅街、東は海ほたるの前の「THE・工業地帯」な浮島までひじょーに広いです。

今回全力でオススメするのは、私が住んでいる川崎の中でも「川崎駅」付近です!

「川崎」って聞くと工業地帯で、空気が悪くて川崎病(川崎全然関係ないのに)のイメージで、ガラが悪い印象があるかもしれませんが、それはとっくの昔の話。

今はすっかりキレイで住みやすい街になっているのです。

今回、川崎に住むべきポイントを5つに分けて、長々説明します!


1.交通の便が良すぎる

Map [Image from 川崎市観光協会]

川崎駅はれっきとした神奈川県内の駅ですが、実は多摩川を堺に大田区から1キロ位(感覚ですが)しか離れていません。

東海道線だと横浜まで1駅(8分くらい)品川へも1駅(8〜9分)新橋までは2駅(13〜14分)で着きます。
その他に、京急線は都営浅草線と乗り入れしているので、ほぼ同じルート(横浜〜品川〜新橋)を代替できますし、乗り換えなしで銀座や日本橋方面に行けます。

東海道線、京浜東北線、京急線と複数ルートがあるので、JRがダメだったら京急、という感じで柔軟に電車を選べます。(ただし京急線は複雑なので、素早く品川方面に行きたければ東海道線に乗ります。)

終電も意外に遅く、24:42品川発の京浜東北線が最終です。
(ただし金曜日のこの終電は地獄なのでできれば避けたいところ。金曜日の夜は24:06発の普通、京急川崎駅行を目指すのが吉。JR線の地獄絵図を尻目に、品川始発で余裕で座れて快適なのです)

羽田空港も近く、京急で20分位で着きます。成田へは一度品川に出て成田エクスプレスに乗るのが王道だと思います。

2.買い物が便利すぎる

川崎の買い物のしやすさは異常です。
個人的には都心部の中でも買い物が一番便利なのが川崎なんじゃないかと思っています。

まず西口には駅直結の最強のモール、「川崎ラゾーナ」が鎮座します。
川崎ラゾーナでほとんどすべての買い物の用事が済んでしまいます。
スーパー、酒屋、デパ地下、100円ショップ、本屋、ファッション、レストラン、ジム、子供向けの店、その他何でもいろいろ揃います。

さらに東口には、川崎BE、さいか屋、丸井、川崎ルフロン、岡田屋モアーズ、川崎DICE、と6つの駅ビルに、それらと駅を地下で結ぶ川崎アゼリアという広大な地下街があり、さらに長いアーケード街があり、とにかく店という店が山ほどあります。

川崎で買えないものはありませんし、食べれないものはほとんどありません。

例えば、川崎駅付近にスターバックスは5店舗マクドナルドは3店舗無印良品は3店舗ユニクロは2店舗

ありすぎです。

KALDIもあるし、成城石井といったオシャレなスーパーもあるし、その他モスバーガー、バーガーキング、ドトール、タリーズ、エクセルシオール、サンマルクカフェ、ルノアール、上島珈琲…、大戸屋、一蘭、天下一品、餃子の王将、銀だこ、ガスト、ジョナサン、松屋、吉野家、すき家…etc、 etc…、思いつくチェーン店(庶民的なタイプのものね)は必ず存在します。

さらにビッグカメラ、ヨドバシカメラ、ヤマダ電機という、三大家電量販店が揃います。(ヤマダ電機は2駅離れているのですが)

アップル製品はヤマダで買う!その他は価格と値引きとポイント還元率が高いところで買う!在庫が無くても他の店に行く!なんて芸当が余裕でかませるのが良いですね。

さらに、県下最大級のブックオフが鈴木町(京急川崎から二駅目)があり、そこにはブランド品からギター、スキー板、チャイルドシート、食器、フィギュア、本やCDまで、何でも中古品として出揃う、一度入ると1時間は出れなくなるという恐ろしいお店が存在します。
(ちなみにそこそこ大きい同じようなブックオフも駅ビルに存在する)

また、県下最大級のダイソーも駅前に存在するので便利なことこの上ありません。

そして女子にとっても重要な、美容院、ネイルサロン、まつ毛サロン、エステサロン、そういった類のものもピンからキリまで存在しています。

薬局も死ぬほどあるし、スーパーも山ほどあります。
最強のスーパー、オーケーストアも存在するのは心強く、一度オーケーストアを知ってしまうと、そこ以外で買い物出来なくなるほどです。

車の移動になりますが、IKEA港北店、川崎にあるコストコも近いです。

3.レジャー・娯楽もすべて川崎でまかなえる

まず、川崎市図書館が駅の程近くにあるのでとても便利です。

そして川崎には、ラチッタデッラ、TOHOシネマズ、109シネマズ、3つの映画館があり、しかもそのうちの1つはIMAX(ラゾーナにあるやつ)。
川崎で見れない映画はありません。

ラチッタデッラは雰囲気も含めてデートにぴったり。
クラブチッタでは毎晩イベントが行われ、ラチッタデッラは何かしらいつもイベントが行われています。
夏はビアガーデン風になり、ハロウィンイベントとしても屈指の規模を誇る川崎ハロウィンのパレードは本当に楽しいし、冬はクリスマスイルミネーションが飾られ、とにかくいつも何かやってます(笑)

「音楽のまち川崎」なんて標語を掲げているので、駅前ではいつも路上アーティストが音楽を奏でいて、賑やかです。

さらにギャンブル好きな人にとっても、川崎は最強です。
パチンコ店はウザイほどありますし、川崎競馬場、川崎競輪場があります。
女の子のお店が好きな人にもバッチリで、歴史ある風俗街、堀之内はとってもいかがわしいです。

そして少し足を伸ばせば川崎大師にお参りに行き、さらに足を伸ばせば川崎工業地帯見学も出来、さらに鉄道マニアにとっては鶴見線を堪能するというオプションも。

4.スポーツする人にもオススメ

まず、川崎にはジムが4つあります。(コナミ2店舗、ザバス、ティップネス)
さらに多摩川にほど近いので、ジョギング、サイクリングする人にとっては最高のロケーションです。
(私はよく多摩川沿いを走ってます)
多摩川緑地沿いには、サッカー場、野球場、テニス場がたくさんあるし、ゴルフ場や打ちっぱなしの施設もあります。

5.家賃もお手頃

東京23区ブランドでもなく横浜ブランドもない、狭間の川崎は、家賃も23区と横浜に比べて安い傾向にあります。

Yachin [参考:HOMES 家賃相場

お隣の蒲田駅、対してガラが良くない地域で川崎よりも便利じゃないのに(失礼w、でも私の地元は蒲田付近です)、川崎よりもずっと相場は高いですね。

そう、川崎は交通の便が良くて、何でも売ってて、何でも出来るのに、家賃がお手頃なのです。

さらに、川崎はゴミ出しが緩い!(笑)
燃えるゴミは週に3回も来てくれます。
缶・ペットボトルなどの資源物は分別する必要はありますが、ビニール系のゴミは全部燃えるゴミへ。
(注:最近、地区によってプラスチック類は分別するようになってきました)

最後に川崎のちょっと微妙なところ

駐輪場事情が最悪です。
完全に川崎駅付近に停まる自転車の数が駐輪場のキャパを超えていて、最初は駐輪場難民になること必至です。
放置自転車もいたるところに存在します。

子育て事情はそんなに良いと言えないようです。
マンションが急に増えて、子供の数が増えたので、保育施設が足りてないようですね。
私はこの問題に直面したわけでは無いので、全然詳しくないのですが。

そしてやっぱり場所によってはガラが悪い。
堀之内付近はやっぱりとってもいかがわしいし、昔に比べ大分減りましたが、それでも浮浪者がたくさんいます。

そうは言っても、昔のイメージとは全然違う川崎!
政令指定都市の中でも一番財政が潤ってるだけあって、川崎市はいつも何か取り組んでいる印象があります。

結構住みやすいですよ。
休日は川崎から出なくなりましたw

そんなわけで、みんな川崎に住もうよ!

これでいいのか川崎市 (日本の特別地域特別編集)
岡島 慎二
マイクロマガジン社
売り上げランキング: 88127
スポンサード リンク

今読んだ記事に近い記事もどうぞ

よく読まれている記事もどうぞ