Helsinkiの美味しいレストラン(Best restaurant guide in Helsinki)

スポンサード リンク

ヘルシンキの滞在中も、朝昼晩、食事をする場所やレストランも事前にしっかり決めてもらっていました。

日本のガイドブックやツアーで紹介されるようなレストランとはまた違う、手配してくれた現地の方が「ここはブロガーさんに是非行って欲しい!」とオススメして連れて行ってもらったレストラン達です。

滞在中は自炊などもありましたが、特にヘルシンキでフィンランド料理を食べてみたい!という方には良いリストではないかと思います。

(BaltmetPromoという、EUのプロジェクトの中のひとつのブロガー取材旅行という体裁だったので、食事の手配も至れり尽せりだったのです)

Day 1 Dinner:restaurant AINO

DSC_0922.JPG 港にほど近い、ヘルシンキ中心地にある伝統的なフィンランド料理屋。

DSC_0916.JPG クリームスープ。ふわっとしててクリーミーで、美味。

DSC_0917.JPG サーモンステーキ。サーモンに、ディルというハーブとポテトと、キノコクリームソースという、「ザ・フィンランド」!な一皿。

DSC_0921.JPG デザート♡

伝統的なフィンランド料理を食べたければオススメです。

クチコミやお店の詳細は↓
Aino 【トリップアドバイザー】

Day 2 Lunch:Cafe Suomi(かもめ食堂)

ヘルシンキに来たら絶対行っとくだろう、かもめ食堂。
ランチからカフェタイムまでしか空いていませんが、9ユーロ弱と、お手頃価格で週替わりのボリュームたっぷりランチが食べられます。
DSC_1055.JPG

DSC_1046.JPG 日本人でいっぱい!

DSC_1049.JPG 食べたのは豚肉のクリームソース。大量のマッシュポテト。

お腹一杯すぐる…!
実在する映画のロケ地、かもめ食堂 [グルメ・各国料理(海外)] All About

Day 3 Lunch:Fiskars Wärdshus in FISKARS村

フィスカルス村唯一ホテルの中にあるレストラン、Fiskars Wärdshus。
DSC_1118.JPG

DSC_1120.JPG 食器が全部ittaraで統一、すてき。

DSC_1123.JPG ittaraの透明のお皿に盛られた4種の前菜。

DSC_1126.JPG メインの白身魚の料理、ポテトのピューレと。

DSC_1127.JPG フィスカルスのりんごの焼いたやつと、マスカルポーネチーズのアイス。美味しい!

ここのお料理は中々繊細な感じで美味でした!
フィスカルス村に行ったらここのレストランがオススメです。

SuperTravelNet.com Fiskars Wärdshus

※夜は自炊したり、中盤でサンクトペテルブルグに行ってたので日付は飛びます

Day 7 Lunch:restaurant Cafe Ursula

DSC_0057

海の見える気持ちの良いカフェでランチ。
といってもこの日はあいにくの悪天候、海は荒れまくっていたけどw
このカフェはかもめ食堂のロケ地でもあるそうです。

DSC_0061 サラダの上に好きなものを4品のっけられるメニューにしました。
おしゃれカフェで、ビールと海と(ただし超悪天候)カフェ飯でリア充になれます。夏とか最高だと思う!

3/3 実在する映画のロケ地、かもめ食堂 [グルメ・各国料理(海外)] All About

Day 7 Dinner:Finnsh Home Dinner

ハンナの家でフィンランド家庭のホームディナーを楽しみました。
一番美味しかったー!
DSC_0124

詳しくは以下に。
フィンランドの家庭でホームディナー(Finnish Home Dinner)

Day 8 Lunch:sushi+wine bar

DSC_0173 なんか北欧デザインの寿司屋。
妙にかっこ良かったですw詳しくは別の記事に書きました。
ヘルシンキで見つけた超スタイリッシュでシャレオツな寿司バー

Day 8 Dinner: Restaurant Lasipalatsi

中央駅のド真ん前にあるちょっと高級風レストラン。
P1120009

前菜は撮り忘れましたが、サーモン出ましたw

P1120004 子羊の首の部分の肉とソーセージ。

P1120008 デザートは別腹!美味しかった。

Ravintola Lasipalatsi

Day 9 Lunch:restaurant Martta in スオメンリンナ島

ヘルシンキから船で30分ほど、世界遺産の要塞島、スオメンリンナ島にあるシーフードレストラン。
DSC_0246 なんとブルワリーのレストランで、ここの地ビールが4種類、こんな感じのセットで楽しめます。
ビールどれも美味しかった!!!

DSC_0245 シーフードの料理4種+ポテト+パンのメニュー。
美味しかった、美味しかったけど、そろそろサーモン飽きてきたんだよ…。

Day 9 Dinner:Restaurant Kuu

こちらもフィンランド料理のお店。上品で丁寧な料理と、それにマッチするワインをサーブしてくれて、フィンランドの最後の夜にふさわしいレストランでした。
DSC_0292 クリームスープ。

DSC_0295 子トナカイのお肉と麦のリゾット、ポテトピューレとブラウンソース。
フィンランド料理ですね。
美味しかった。

Ravintola Kuu

レストランのサービスは本当にどこも素晴らしい!
ウェイターさん、ウェイトレスさんは笑顔でナイスに対応してくれるし、料理を出すタイミングもどこのレストランもほぼ完璧!
料理に合うグラスワインがあらかじめ提案されているのも良いですね。
ワイン詳しく無いけどワインが好きな人にとっては素晴らしい仕組み。

ただ、日のようにフィンランド料理を食べてるとさすがに飽きてくる…。
レストランのお料理自体はとーっても美味しいです。美味しいのですが、ポテトとサーモンとパンにはほとほと飽きた…。
フィンランドなど、北欧の料理は温厚な味つけが基本なので、毎日食べ続けているとなんか刺激が欲しくなってくる。
しょっぱかったり、辛かったり、出汁が効いていたり、揚げているものが食べたいと思うようになります。

ほんと東京の食の多様性はすごいと改めて思った次第です。
朝は白いご飯に味噌汁、昼にラーメン、夜はピザ、とか普通に食べてたけど、どれだけバラエティ豊かなことか!


フィンランド関連記事まとめ

スポンサード リンク

今読んだ記事に近い記事もどうぞ

よく読まれている記事もどうぞ