フィンランドってどんな国?

スポンサード リンク

モイ!(フィンランド語で「やあ」)

さて、来月にはBaltMet Promoのプロジェクトで、来月フィンランドのヘルシンキとロシアのサンクトペテルブルグに行ってくるので、今日はフィンランドについてお勉強。

フィンランドは、人口は約520万人、東京の半分もいやしないお国です。
そんなフィンランドにも世界で有名なあれやこれやがあるので、ざっくりご紹介します。

日本から一番近い、ヨーロッパの国

フィンランド"

日本から直行便で9時間半で行けるらしい。
フィンランド航空だと最新で大型A340に乗れる確率が90%!
A340には電源完備らしいよ。

国土のほとんどが森と湖。

Ripple
[Photo by Miguel Virkkunen Carvalho flickr]

大自然の中、フィンランド人はゆったりのんびり、シンプルに暮らしています。


夏には白夜、冬はオーロラ。

[Photo by NORDIC VISITOR]

フィンランド北部のラップランドでは夏には沈まぬ太陽が続く白夜、冬には凍てつく宇宙にオーロラが舞います。


国民はサウナ好き

ice sauna 03 [Photo by ezioman Flickr]

フィンランド人って、蒸し暑いサウナに限界まで居て、その後雪の上で「ヒャッハー」ってゴロゴロ転がるらしい。そして白樺の枝を束ねたもので体を叩き合うらしい。
なんかクレイジー!でも絶対「快・楽」だと思うんだよね…。

ノキア

Nokia_5800_xpress_music1

携帯電話端末では世界最大のシェアを誇るノキアはフィンランドの企業です。

マリメッコやイッタラなどの北欧デザインブランド

フィンランドは、日本で流行っている北欧デザインメーカーのメッカです。

Uni
このお花柄のテキスタイルで有名なマリメッコに、

Top_img おしゃれな陶磁器のイッタラや、

Moomin-adventures-collection アラビアの陶磁器なんかも有名です。


かもめ食堂

O0518072810168384691

フィンランドのヘルシンキを舞台に、日本人がいとなむ「かもめ食堂」で繰り広げられるのんびりゆったりした生活を描く、日本映画。
ヘルシンキの空気感、北欧デザインのスタイリッシュさが映画に出ていて、北欧いいなあ〜と思った女子たくさんいるはず。
北欧ブームの火付け役となった映画じゃないでしょうか。

私もヘルシンキ行くに当たってこの映画見たけど、いい映画でした。
このかもめ食堂は今も営業しているので、ヘルシンキの旅程の中で行ってきますよ!

その他フィンランドは、キシリトールや、サンタクロースやムーミンなどの有名なのがいろいろありますね。

後、フィンランドのネット普及率の高さや教育についてはかなり興味深かったので別の記事でまとめようと思います。


フィンランド関連記事まとめ

スポンサード リンク

今読んだ記事に近い記事もどうぞ

よく読まれている記事もどうぞ