Chrome大好き、便利、より速く使うために工夫してること

スポンサード リンク

Chromeは速い、軽い、複数パソコンで環境を瞬時に同期して使える、アドレスバーからの検索が良いなどなど、一度使ってしまうと他のブラウザには到底戻れない、圧倒的な魅力を感じています。

というわけで、唐突に私のChromeお気に入りポイントと工夫ポイントを書いてみる。

アカウント同期すれば複数パソコンからでも全く同じ環境が再現される

Chrome01

Googleのアカウント一つあれば、「アプリケーション」「パスワード」「自動入力」「設定」「ブックマーク」「テーマ」「拡張機能」が瞬時に同期されます。
なので、私の環境で言えば会社のThinkPad、持ち歩き用のVAIO X、家用のMacbook、常に同じ環境で使えるの、ほんとすごい

買ったばっかりのMacbookにとりあえずChromeをインストールして瞬時に同期する様。

魔法のようにブックマークや拡張機能が再現!
ブラウザのセットアップ作業が1分で終わります。

また、(自分用のソーシャル用途ではない)ブックマークを全部Googleブックマークで管理していて、

Chrome02

こんな感じでよく使用している各ウェブサービスのアイコンを並べて使っています。


拡張機能は入れすぎるとメモリを食うから必要最低限にする

拡張機能を入れて「有効にする」だけで、その拡張機能はバックグラウンドで動いて、少なからずメモリを圧迫しています。
なので、私は「ちょっと使えるかも?」程度の拡張機能はできるだけ使わないようにしてます。

例えばはてなブックマークとか、Evernoteとか、Tumblrとか、ブックマークレットとChromeの拡張機能がある場合、迷わずブックマークレットを使います。

ちなみに使っている拡張機能は、

基本、ブロクや記事を書くための拡張機能だらけです…。


Chromeを試験運用版の機能を使って高速化する

アドレスバーに「about:flags」という秘密のアドレス(?)を入れると、試験運用の隠し機能がいっぱい出てきます。

Chrome03

「ウェブページの事前レンダリング機能(より高速にブラウジングできるようにするため、ウェブページ全体を推測してバックグラウンドで事前にレンダリングします。)」とか、速くなりそう。

他にも気になる機能が沢山がいっぱい。

IDEA IDEAに詳しいです。
Chromeの隠しコマンド「3本指でスワイプ」がちょっと便利な件(+Chromeを爆速化する方法) | IDEA*IDEA

以上。
結論:Chrome大好き!

スポンサード リンク

今読んだ記事に近い記事もどうぞ

よく読まれている記事もどうぞ